2016年06月30日

被リンク調査をしてペナルティを受けないようにする

スポンサーリンク

前回は、スパム判定前に確認すべき事や、ペナルティの対処法をお伝えしました。

ブログがスパム判定される原因は、自分の不始末ばかりではありません。
何もガイドライン違反をしていないのに、突然ペナルティ警告が来る事があります。

これは外部の第三者が、あなたのサイトに不正な方法でリンクを張るのが原因です。
サイト運営者側で根本原因を抑える事ができないので嫌な感じですが、どのようなケースが考えられるかを知っておけば、事前に対策が打てます。

リンク関係は、被リンク調査をする事で、ペナルティ判定されてしまうリスクを抑えることができます。
先ずは、リンク関係でペナルティを受ける可能性があるものを見て行きます。

隠しリンク

隠しリンクは、文字色と背景色が同じにして見えないようにしたものです。
検索エンジンには認識できるけど、一般の閲覧者には見えない形でリンクを設置するものは全て隠しリンクという扱いになります。


極めて小さな文字サイズにして見えなくしたり、テキスト内に不自然なアンカー(別ページに飛ばすリンク)を設定しているものも違反です。

保険関係ブログなのに、本文中に文脈とは関係なく(グルメ 東京)というキーワードリンクを付ける行為も、故意にキーワード検索させようとしていると見なされます。

これは、サイト管理者が意図的にやらないと出来ない事なので、悪意をもった人でなければ普通やらないと思います。

有料リンク

有料リンクは、リンクを張ってもらうためにお金を支払う仕組みです。
支払い額に応じたリンク数を保証する、などの謳い文句を見た事がある人も居るのではないでしょうか?

Googleは、検索結果を操作する目的でのリンク売買を禁止しています。

宣伝などのために有料のリンクを売買する事に問題はありません。
通常、広告枠を用意して有料リンクを売買する場合(nofollow)属性をリンクに付けます。
nofollow属性をリンクに付けると、検索順位への変動が起こりません。

この点に関しては、以下のサイトで詳しく紹介されています。


こんなケースもあります。
ブログの問合わせページから、レビュー記事のオファーや広告設置依頼に見せかけた、有料リンクの誘いが来る場合があります。
ブログをやっていると、記事のオファーやレビュー、サイトを見た企業が広告設置のお願いしてくる事もあります。

オファー先が、きちんと商売をしている法人だと安心してしまいますが、そんなうまい話はなかなかありません。

良く依頼内容を熟読して、必要であれば問い合わせてみてください。
レビュー記事作成の条件として「指定広告のURLに(rel=”nofollow”)を、付けずに(nofollow無しで)設置をお願いします」と書かれている場合があります。
これは、規約違反のお誘いなので、気を付けてください。


もう1つ「ディレクトリ登録」というものがあります。
有料ディレクトリ登録は、カテゴリごとに分類されたポータルサイト内のリンク集に、自分のサイトを登録できるサービスです。

2014年あたりからGoogleで対策が始まった為に、殆どの企業がサービスを中止しました。
今でもサービスを継続している企業もありますが、数は少ないと思います。

以前は、被リンク対策の常套手段と言われていましたが、有料でのリンク売買と言えなくもありません。
とってもグレーなポジションのサービスで、今はSEO的な効果も無く、サービスとしての先も無いと思います。
今更やる人は居ないと思いますが、念のためお伝えしておきます。

リンクファーム

リンクファームは、サイト間で大量に相互リンクしている状態や、不自然なリンクを掲載したサイトのことです。
大量に相互リンクを張るリンクプログラムというものもあり、自動で相互リンクされている状態が作られます。

簡単に言うと、被リンクが欲しい人が集まってリンクしあう仕組みです。
昔は相互リンクもコンテンツの順位上昇に一定の効果がありました。
有料でSEO対策をしている業者の中には、手間なくリンク数を稼げるので、リンクファーム方式を行って儲けていた業者も多かったはずです。

正にリンクのファーム(牧場)で、ユーザーは牛ですね。
モォォォ〜!

具体的には、とあるグループに参加すると、そのグループに登録しているサイト全てにリンクが張られます。
グループ内のサイトが増えれば増えるだけリンク数も増えますので、どんどん大きな相互リンクグループになる訳です。

検索エンジンは、リンクは一方通行が普通と考えます。
コンテンツとして情報を紹介する場合、通常一方通行のリンクが張られるからです。

リンクファームの仕組みでは、リンクを辿って行くと必ず自分のサイトに辿り着くようになっています。
自然なリンクでは無く、意図的にリンク数を稼いでいると見なされます。

コンテンツの内容に関係なく、リンク数が稼げてしまうリンクファームという仕組みをGoogleは許していません。


相互リンクするとマズイの?という疑問が出てくると思いますが、通常の相互リンクがリンクファームとして扱われる事はありません。
良いコンテンツだと思えるサイトには、当然被リンクが集まりますし、サイトの運営者同士が相互にリンクを張る事もあるでしょう。

そういった自然なリンクとリンクファームで作られたリンクは区別出来ると言っていますが、万が一を考えるなら以下に気をつけましょう。

リンクしあうサイト同士に、内容的な関連性があること
釣りサイトと自動車保険サイトといった、関連性がないコンテンツのサイト間での相互リンクは行わない方が良さそうです。
1つでもあるとマズイ訳では無く、数の問題かと思います。

管理可能なサイト数で相互リンクする。
管理できない数百に及ぶ相互リンクは、通常のサイト運営ではあまり無いので怪しまれます。

下記リンク先で、Googleの見解が確認できます。


ここまでは、自ら手を動かさないとならないものです。

安易な方法には、それなりのリスクが付きまといます。
違反によるペナルティにならぬよう注意してください。

ここから下は、第三者によってあなたのサイトがペナルティを受ける可能性があるものです。

一般的に「逆SEO」や「リバースSEO」と呼ばれます。
元々は掲示板などで書かれる風評被害対策として始まったやり方です。
SEO対策と逆の事をして、検索順位を落とし、風評という嵐を乗り切るといった使い方ですね。

それが、悪意をもって使われている状況です。

スパムコメント

ブログ記事にコメント欄を用意している方は多いと思います。
コメント欄に制限を付けていない場合、プログラムによってコメントが投稿される事があります。

悪意のある業者から宣伝コメントが大量に投稿される事もあり、非常に厄介です。
自動文章生成プログラムによるコメント投稿で日本語が変なものもあれば、定型文のようなもの、リンク付きのコメントなど色々な種類があります。

スパムコメントだからと削除せずに放置していると、ペナルティの対象となってしまいます。

このリンクに、「サイト上にユーザー生成スパムがあまりにも多い場合は、Google によるサイトの評価に影響が及ぶことがあり、その結果、最終的にサイト全体に対して手動による対策を講じることもあります。」とあります。

勝手に書き込まれたスパムコメントで評価が下げられたら嫌ですよね。

Googleが推奨する対策は、こちら

グーグルボウリング

これは、Googleがボーリングする訳ではありません。
Google Bowlingは、粗悪サイトからのリンクを意図をもって張ることで、ライバルサイトの順位を下げる攻撃です。

例えば、アダルトサイトやアングラサイトからのリンクを、短期間にしかも大量に攻撃対象のサイトに張ったとします。
すると、検索エンジンは攻撃対象サイトを質の低いリンクが集まるサイトと認識して、順位が下がってしまう事になります。

Googleは「外部リンクによって検索順位が影響を受けることは無い」、「仮に発生しても直ぐに対処する」と言っています。

しかし、幾つかのサイト運営者が実験してみたところ、順位が下がってしまったようです。
どちらが正しいのかは解りませんが、可能性を排除するには、もう少し時間がかかる気がします。

優良なサイトからの被リンクが多くあれば問題にならないそうですが、そうでない場合は、対象サイトからの被リンク拒否を考えた方が良いかも知れません。

勝手にコピーページが作られる

知らないところで勝手にコピーページが作られ、本家ページにリンクを張る悪人が居ます。

本家ページ管理者の知らない間に、故意に悪質リンクが張られていくので、気が付いた時には検索順位が落ちている事もあります。
コピーページで無くとも、有料リンクを買い狙ったページにリンクを張れば、被リンクを受けているサイトの評価が下がってしまいます。

ライバルサイトへの嫌がらせだったり、恨みをもった相手だったりすると、普通そこまでやらないだろう事もやってきます。
被害に遭ったサイトの報告もたまに見かけますので、他人ごとでは済まされません。

非常に悪質ですが、検索エンジンがもっと利口になるまで、自ら予防するしかありません。

順位変動レベルでは済まない、超悪質な事例があったようです。

本家サイトのコピーページを古いドメインで作成して、記事を本家サイトより前の日付で登録します。
Googleのインデックスが済んだあたりで、GoogleにDMCA(デジタルミレニアム著作権法)侵害があると、本家サイトを訴える申し立て出来てしまうのです。
コピーサイトにより、本家サイトがコピーサイトとされて、削除されるという恐ろしい手法です。

異議申し立ても出来ますので、侵害申立人の思い通りにはならないと思いますが、その間サイトのPVは無くなります。
異議申し立ての手間や精神的負担は、大きなものになります。

そんなことが起こりえるのか少し疑問もありますが、実際にフリー素材サイトの画像を用いた記事が、著作権侵害を理由に検索結果から削除された事件があったそうです。
DMCAの悪用は、知れ渡っていないものを含めるともっと多いのではないかと想像してしまいます。

滅多にある事では無いと思いますが、知識として覚えておいて損は無いでしょう。

現在も被リンク効果はあるのか?

ざっとリンク関係でペナルティを受けそうなものを紹介しました。

ここまでリンクに対してペナルティが多いのは、ひと昔前に被リンク数が検索順位を上げる手段として、非常に有効だったからでしょう。
今は、非常に有効ではありませんが、ある程度有効といった感じのようです。

少し前までリンクを売るSEO業者が多く居ましたが、今は殆ど効果が無いので売らなくなっていると聞きます。

被リンク数が無くとも、PVを稼いでいるサイトも多くあるようで、昔ほど被リンクに効果がなくなっていると思われます。

この事から被リンクの監視で、どれ程の効果が得られるか疑問が湧いてきます。
アクセス数が落ちるなど、何らかの支障が出たら対応すれば良い気もしますが、第三者の逆SEO攻撃を防ぐには、定期的に被リンクを確認しなければダメみたいです。

どうしようもない時は、リンクの拒否をGoogleに申請するしかありません。

被リンクを調べる方法

「被リンクチェックツール 無料」と検索すると幾つか出てきます。
Search Consoleを使用していない方は、以下のサイトを使わせてもらうと良いでしょう。

両サイトともURLを入れるのみで使えるので、非常に簡潔で解りやすいサイトです。

Open Site Explorer

hanasakigani.jp


ここではSearch Consoleを使ってチェックする方法を紹介します。


SearchConsoleにログインして【検索トラフィック】→【サイトへのリンク】をクリックします。

サイトへのリンク

被リンクが張られていない場合、何も表示されませんが、リンクがある場合は「リンク数の最も多いリンク元」が表示されます。

下にある「詳細」という文字リンクをクリックします。
すると、リンクが張られているドメイン別一覧が表示されます。

上の方にある【最新のリンクをダウンロードする】ボタンをクリックして、リンク一覧をダウンロードします。
CSV形式(UTF-8)か、Googleドキュメント形式を選べますが、エクセルなどで見れる方が便利なので、CSV形式でのダウンロードをおすすめします。

Search Consoleからダウンロードできるのは、全被リンクではなくサンプリングされた一部の被リンクだそうです。
サンプリングなので当てにならないかと言うとそうでは無く、十分な被リンク情報が得られるため、ペナルティを受けた際に確認する被リンク情報としても使えます。

被リンクリストから不自然な被リンクを否認する

ダウンロードしたURLを1つずつ調べて行きます。
数が多いと時間がかかりますが、1回調べてしまえば次に調べる時に同じURLを調べなくて良いので、面倒ですがやっておきましょう。

怪しいサイトからのリンクなどがあった場合、先ずは直接サイトに問い合わせて、リンクを切ってもらうようお願いしましょう。
ただ、怪しいサイトは、連絡が取れない事も多いと思います。

そんな時に使えるのが、SearchConsoleのリンク拒否ツールです。

特定の被リンクを拒否するには、リンクの否認ファイルが必要になります。
リンクの否認ファイルを作成するために、ノートパッドなどにリンク拒否するリストを記述して「.txt」形式で保存します。

記述例
#aaaa.comリンク削除依頼を行う手段が無い
domain:aaaa.com
#リンクの削除依頼をしたが反応がない
http://bbbb.com/bbb
https://cccc.com/ccc
http://www.dddd.com/ddd/ddd

(#)は、自分用のコメントなので、Google側では見ません。
(domain:)は、ドメイン事に否認する場合です。
(http:)は、URL単位での否認です。

ドメインに関しては「http:」や「/」は必要ありません。
必要な拒否リストを記述したら、ファイル名は何でも良いので「.txt」形式で保存します。
ファイル名は、英語の方が良いと思います。

ここで拒否リスト内容に間違いないか、再度確認してください。
拒否リストに余計な空白(スペース)があると、アップロード時にエラーが出る事があるようです。
エラーが出たらリストを確認してください。

こちらをクリックすると、リンク否認ページが開きます。
Search Consoleにログインした状態で、クリックしてください。

スマホページ内自由形式

「リンクの拒否」というボックスが表示されます。

記載されている英語の内容は、以下のような内容です。

あなたがコントローしていない低品質リンクによって被害がある場合は、サイトを評価する際にそれらを考慮しないようGoogleに依頼することができます。
あなたのサイトを指して不自然なリンクをクリーンアップするために、あらゆる努力をするべきです。
単純にリンクを否認することだけでは、十分ではありません。

いきなりリンク拒否しないで、リンクを切ってもらう努力をしなさいね!という事のようです。

メッセージの下に【リンク拒否をするサイト名】と【リンクの否認】という赤いボタンがあります。
【リンクの否認】ボタンを押すと確認のための「これは高度な機能なので、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。」といった文章が表示されます。

問題無ければ、下にある【リンクの否認】ボタンを押します。

【ファイルを選択】ボタンが出てくるので、先ほどの拒否リスト「.txt」を選んで、送信します。
【完了】ボタンを押して終わります。

1週間から1か月ほどで「リンクの拒否リストを更新しました」というメッセージが送られてきます。


注意書きにもあるように「リンクの否認ツール」は、気軽に使うものではありません。
間違ったURLを記載すると、せっかくの評価が下がってしまいます。
くれぐれも間違いのないようにしてください。

安易にリンク拒否ツールを使う方も居るようですが、リンク拒否ツール本来の目的は、何らかの理由でリンク解除できない時に仕方なく使うものです。

自分が張ったリンク方法に誤った方法があったり、依頼したSEO最適化業者が不適切なリンク方法を取っていてガイドラインに違反しているなど、自分で解決出来る場合は先ず自らで対策をすべきです。
その上で、サイト運営者がどうしても改善できない場合の最終手段として用意されています。
「自分の尻は自分で拭いてね」というのが、Googleの基本的な考え方です。

ペナルティを受けていない状態でも、明らかな不適切サイトからのリンクを拒否するのはアリだと思いますが、微妙なサイトに関しては放置で良いかも知れません。


手動ペナルティまで行けなくてもダメージは大きい

サイトがスパム判定され手動ペナルティまで行かないまでも、アルゴリズムによるペナルティの発動があるだけで十分ダメージはあります。
10,000PVあったのに、ある日から突然半分になってしまったら悲しいですよね。

一生懸命書いたブログが順位を下げられてしまうのは、避けたいところです。
アフィリエイトをやられている方であれば、それがどれだけの損失を生むか理解されていると思います。

特に初心者の方は、ガイドライン違反を知らずにやっちまいがちなので気を付けてください。

自分でやっちまったミスであれば反省しますが、悪意をもった第三者の仕業となると反省のしようがありません。
リンク関係は、自ら違反を犯してしまうものと、自分が知らないところで第三者が関係しているものの2つがあります。

故意、過失、被害に関わらず、リスクを少しでも下げられるよう記事を書きました。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
posted by ノービス at 19:36 | Comment(0) | SEO対策 困りごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: