2016年04月25日

SEOってやらなきゃダメ?

スポンサーリンク

SEOってそもそも何だか御存知でしょうか?

SEOは「Search Engine Optimization」の略です。
「エスイーオー」と読みます。
日本語で言うと「検索エンジンの最適化」です。

検索エンジンは、御存知の通りGoogleやYahooなどの検索プログラムです。

検索エンジンに気に入って貰えるようにしておけば、誰かが検索した時に、1ページ目とか2ページ目に表示されます。
みんな上位表示を目指してSEO対策しています。

何故上位表示を目指すのか?
何かを検索した時に10ページも20ページも見ませんよね?

2年前のネット調査で、12000人に検索時に何ページまで見るかというものがありました。
1ページ目までが約17%、2ページ目までが約25%、3ページ目までが約24%、5ページ目までが17%だそうです。
この4つを合わせると83%の人が、それほど多くのページを見ない事が解ります。

これは、検索結果の上位に表示されなければ、殆どの人に見てもらえないという現実が見える結果です。

ブログの場合、見る人が少ないとアフィリエイトの効果が薄まります。
見る人が多ければ、たまに広告を押してくれる方も出てきます。

仮に広告クリックしてくれる方が全体の1%だとすると、100人見てくれれば1人がクリックしてくれます。
1000人で10人、10000人訪問者が居てやっと100人がクリックしてくれます。
検索上位に食い込めば難しい数ではありませんが、検索して10ページ目にやっと表示されるサイトで10000PV(ページビュー)は難しいと思います。
PV(ページビュー)は、サイトを開いてくれた数です。

だから、みんな必死で上位に食い込みたい訳です。

SEO業者がやってる事

ネットを見るとSEO対策は当社にお任せ!みたいな広告があります。

あれ何やってると思いますか?

ちゃんと勉強している会社は、検索エンジンの最新の動向を調べたり、どうするのが効果的か対策を日々実験していると思います。
でも、結構多くの会社が昔からのベタなやり方をしているようです。

知り合いに企業のHPなんかを作っている方が居ます。
SEOもやるそうですが、ダミーに見えないような中身の薄いサイトをいっぱい作って、対策したいサイトへのリンクを貼りまくるんだそうな。

リンクされたサイトは、被リンク数を獲得します。

被リンク数というのは、サイト信用度として検索エンジンが見る基準の1つです。
良いサイトが多くの人からリンクされる事は、自然にありますから被リンク数を見れば人気度が解るという事です。

それを人為的な操作でやると・・・リンクを張られまくっている事から検索順位が上がります。
検索エンジンは、どうリンクが張られたか知ることが出来ませんので、結果だけ見て順位を上げます。

最近は検索エンジンが利口になってきて、この技が効かない事もあるようですが、完全に使えなくなった訳ではないそうです。
検索エンジン対SEO対策者の攻防です。

検索エンジンも日々進化していて、検索能力や検索方法の仕組み(アルゴリズム)がちょこちょこ変わります。
検索エンジンのシェアの殆どを持つGoogleは、検索エンジンの改定を公言する時もありますし、こっそりやる時もあります。

検索アルゴリズムが変わると、それまで1ページ目に居たサイトも一気に50ページ目になったりします。

悪質なSEO業者は、不自然なリンクで一瞬だけ上位表示をさせます。
それを見た客は喜びますが、ほんと一瞬なんですよ。
場当たり的な方法で上位ランクに表示されても、実際の人気では無いから直ぐに圏外になります。

最近の検索エンジンはバカじゃないので、直ぐに見破るそうです。

上位ランクから落ちると客は不安になりますよね。
サイトを見てもらえなければ、商売にならない人もいます。
上位をキープするなら継続的な対応が必要なので、ずーっとお金が掛かります。

こういった、本当の人気とは違うやり方をするブラックなSEO業者がいっぱい居て、1サイトのためにゴミみたいなサイトが数百、数千、数万と日々出来ています。
上位表示され続けていると自然と一般の方にも見られるので、対策しなくてもやって行けるようになることもあります。

そう考えると間違っていない方法とも言えます。

まともなやり方では年単位の時間が掛かります。
SEO業者に頼めば数カ月で、上位表示できるのでお金払う人は居るでしょう。

もっと酷い業者も居て、殆ど何もしない会社も居るようです。
幾つかのサイトからリンク貼って、終わり。
ちょっと順位が上がったら、上がりましたので契約完了ですって・・・。
気をつけましょうね。

プロアフィリエイターでも、リンク張りまくり法でペラサイトを必死に作ってる方も居ます。
ブログを読むと稼いでるみたいです。

あなたはそこまでやりますか?

SEO対策で何をするかは運営者次第

数百ペラサイトを作ったり、誘導サイトを作ってSEO対策する人も居ます。
情報商材の中には、それが正攻法かのように書かれているものもあるそうです。

そんな労力を掛けるなら記事の1つも更新した方が良いと考える方も居るでしょう。
記事を書く事、これがSEO対策になっている事実もあります。

ここ数年、被リンクの意図的な増殖が多くなったため、検索エンジンとしての役目が果たせなくなる恐れか出てきました。
何かを検索した時に1ページ目が使えないページばかりだった経験ないですか?
なんでコレがトップに来てるの?と思った事は何度もあるはずです。

検索エンジンを作っているGoogleにとって検索エンジンは運営の柱です。
当然、問題視していますので対策をしています。
更新頻度や文章量など、中身がしっかりあるサイトかを見るようになってきているようです。

対応する側も必死なので、検索エンジンにどう見破られないようにするか対策します。
こうした、いたちごっこは今後も続くでしょうね。

リンクの不自然な繋がりがあると、ペナルティが発動するようにもなったようです。
ペナルティを受けるといくら人気サイトでも検索圏外へ飛ばされます。

悪用していない人が何故かペナルティを受けてしまう事態も発生しています。

この検索エンジンの特性を悪用して意図的にリンクをマズイやり方で貼って、ライバルサイトを圏外に蹴落とす輩までいるとか・・・
恐ろしや〜。

実際の人気を得るために努力して記事を書いていく事こそが、一番のSEO対策と言っても良いと思います。

SEO対策の現実、私の場合

中身がグチャグチャなページも検索エンジンに嫌われるそうです。
正に当ブログがそうです。

基本的な知識が無いので、ブログの見た目は何とか出来ていても中身が酷いです。
自分で見てもあちこちに重複命令があったり、意味無い記述があったりします。

本職の方からすれば、なんだこれ!ってレベルだと思いますが、放置です。

出来ない事は出来ないので仕方ないです。
どう直せば良いか知らないし〜。
この部分は、検索エンジンさんに嫌われても仕方ないと諦めてます。

大して知りもしないでHTMLやCSSを改造する方、そこは覚悟しときましょうね。

SEO対策は、検索エンジンの特性や癖を見抜いて対応して行く事ですが、本業ではない私には見抜けません。
時間も掛けられませんし、技術も知恵もありません。

素人でも解る事、対応出来る事はやれば良いかなと思ってます。
何かをやる時に検索エンジンに嫌われない方法を知っていれば、敢えてやらない理由は無いので。

地道にコツコツと意味ある記事を追加して行くのが間違いないでしょう。
徐々に人気が出た方が、虚構では無いアクセス数とリンク数なので順位も安定します。
正攻法ほど強いものはありません。

私も今は記事の充実を目標にしています。

やりたい方は、一生懸命SEOするのも良いと思います。
それも1つの方法なので否定はしませんし、検索エンジン(そのプログラム書いてるエンジニア)の御心をより深く知るには良いと思います。
完璧に出来ればSEO業者になれるかも知れませんね。

私はSEO対策がしたくてブログを始めた訳ではないので、無理なく出来ることしかやらないつもりです。
手間と効果を天秤にかけて本当にやるべき事か勉強しますが、SEO対策しないとブログが出来ない訳ではないので、優先順位は上がらない気がします。

どこまでやるか解りませんが、簡単に出来るSEO対策は記事内にちょこちょこ書いていきます。

昔出来た裏技が今の検索エンジンには効かなくなってきている事から、今となってはSEO対策なんかやっても全く意味無い!と仰る方も大勢います。
全くSEO対策らしい事をせずに放置しているブログが、上位にずっと食い込んでいるケースもあるようですから、そこまで本気でやる必要性も無いでしょう。

多分・・・ですけど(笑)

スポンサーリンク
posted by ノービス at 17:38 | Comment(0) | SEO対策 知識と対策方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: