2016年04月12日

ドメイン会社はどこが良いか?

スポンサーリンク

ブログを始めるにあたって独自ドメインを取得しようと思います。

無料ブログなら独自ドメインを取得する必要はありません。
しかし、規約やら何やらである日突然抹消される恐怖がつきまといます。

そんなの滅多に無いでしょ?と思われるかもしれませんが実際あるんです。
予告なく突然ブログを消された方の阿鼻叫喚は、検索すればいくらでも出てきます。

無料ブログの所有権は、あくまでも提供している会社のもの。
運営の勝手な都合でブログを消されても文句は言えません。
ブログサービス会社の運営状況によっては、ブログサービスが閉鎖される事もあります。

タダですから当然と言えば当然です。


10記事くらいなら消えても「あ〜ぁ」で済みますが、長くやって記事がたまってくると消えた時のダメージは計り知れません。
数百の記事が予告なく消されたら、再開したくなくなる程落ち込みますよね。

こまめにバックアップを取っておけば危険回避できますが、別のサーバーに移るには非常に手間が掛かります。
現在は、どのブログもエキスポート機能が充実しているので、昔ほど大変では無くなったようですが、やはりブログ運営会社によってシステムが違うので上手くインポートできなかったりするようです。

ブログはURLが変わると、一気に検索圏外へ弾き飛ばされてしまいます。
アクセス数を伸ばすために1から出直しです。

こういった面倒事を独自ドメインを取ることで回避できるなら安いものです。
年1,000円ちょっとを安いと見るか高いと見るか。

私にとっては、安くないです!

しかし、サーバー代とドメイン代は、安心してブログをやるための必要経費と考えるしかありません。
月に換算すれば、数百円です。

コンビニで買うお茶やジュースを数回我慢すれば、出る金額なのでダイエットにもなるかーくらいの感覚で払ってます。

どこで独自ドメインを取るか

ドメイン料金を調べてみました。
少し前にドメイン料金が各社一斉値上げしましたので、今はどの会社も高いです。

試しに、「.net」で1年の価格を比較すると・・・

スタードメイン  :税込1,274円
エックスドメイン :税込1,274円
ムームードメイン :税込1,382円
お名前.com    :税込1,382円
バリュードメイン :税込1,382円
ドメインキング    :税込1,490円
(記事が書かれた2016年4月時点の価格です)

他にも幾つかドメイン会社がありますので気になる方は調べてください。


初年度は、各社その時々によって割引キャンペーンをやっていますので安い場合もあります。
ただし、それは1年目のみで、2年目から結局この金額が掛かります。

1年でドメインを移管して、安い会社へ乗り換える方も居るようです。
移管というのは、スマホのナンバーポータビリティみたいなもので、ドメイン名を変えずに管理会社を乗り換えるイメージです。

ドメイン名が変わらなければ、管理会社が変わっても見ている方は気がつきません。
ネットワーク知識が豊富で移転先サーバーへ問題無く繋がるように設定出来れば、ドメイン会社を渡り歩くのも良いと思います。

どうすれば良いか理論的には何となく理解していますが、面倒な事は大っきらいなので私はやりたくありません。
実際やろうと思っても、トラブル対応できる自信もないです。


私はさくらサーバーを使っているので、さくらで独自ドメインを取れば楽ですが、他社と比べるとお高いです。
ドメインは、どこで取得しても設定さえすれば、別会社のサーバーで使えるので安いとこで取得しましょう。

現時点でブログを1年で止めようとは思ってないので、長い目で見ると少しでも安いほうがいい。
初年度割引で釣られてはいけません。
見るべきは、2年目からかかる料金です。
数年更新すると割引分を超える支払いになり、総支払額が高くなる場合もあります。

私は、さくらサーバー導入時に、エックスサーバーも検討していました。
サーバー契約目的が、ブログでは無かったので知りませんでしたが、WordPressはそこそこサーバーパワーを必要とするらしく、重くなるサーバーが多いとか。
エックスサーバーは、負荷に強いらしく、ある程度ページビューがある方はエックスサーバーが多いようです。
将来的な事を考えるとエックスドメインもアリかと思います。


大手という意味ではGMOグループの、お名前.com、バリュードメイン、ムームードメインがあります。
GMO系は、ドメイン管理事業を長くやっていて歴史があります。
取り扱いドメイン数も他社に比べ圧倒的に多いです。

こちらは、バリュードメインです。

CMで知っている方も多いお名前.comです。
登録時に、Whois情報公開代行にチェックを入れ忘れると、修正が出来ません。
修正には、毎年料金が掛かるようになるので、Whois情報公開代行の設定を忘れないようにしましょう。


「Whois情報」というのは、ドメインの管理者情報で世界中に公開されるものです。
ドメイン所有者は名前、連絡先、住所などを登録しなければならず、通常は登録情報がそのままWhois情報という形でネット上に公開されます。

「Whois情報」は、ネットに繋げる方なら、誰でも検索できます。

個人ブログのために個人情報を公開したい人は、あまり居ませんので、ドメイン管理会社がやっている「Whois情報公開代行」というサービスを使います。
「Whois情報公開代行」をしてもらえば、ドメイン管理会社名でWhois情報に登録してくれるので、個人情報は一切公開されません。

個人でブログをやっている方は、殆どが個人情報を公開していないと思います。
万が一設定を忘れても、いつでも無料でWhois情報公開代行が出来るドメイン管理会社がお勧めです。


あとは、使い勝手の部分です。
GMOグループのムームードメインは、設定画面や説明が初心者向けで解りやすいと評判です。


レジストリ、レジストラ、リセラー

ドメイン会社には幾つかの種類があります。

レジストリは、ドメイン情報を持つデータベースを管理している機関です。

このレジストリと契約して、ドメインを売っているのがレジストラです。
お名前.comやスタードメインなんかの有名どころはレジストラです。
レジストラは、レジストリが管理するデータベースに直接アクセスする権限があります。

リセラーというのもあります。
レジストラを通してドメインを売って登録代行する代理店です。
レジストリが持つデータベースに直接アクセスできません。
データベースにアクセスできるレジストラと契約を結びドメインを売っています。
ムームードメインなんかがそうです。

レジストリ、レジストラ、リセラーの順で料金が変わります。
レジストリが一番金額が高いですが登録が早く、リセラーは登録に時間が少し掛かりますが値段を抑えられます。

昨今はリセラーとレジストラに価格差がないので、レジストラで独自ドメインを取る事をお勧めします。


スポンサーリンク
posted by ノービス at 01:12 | Comment(0) | スタードメイン 独自ドメイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: